ドイツ当局、キエフの地下倉庫からナチスドイツの新品のパンター戦車を押収

仰天ニュース!何と第二次大戦時の、新品の戦車がみつかった

ドイツ当局がキエフにある地下の隠し倉庫から、第二次世界大戦中のナチスドイツのパンター戦車(Panther tank)など複数の兵器を押収したことが現地紙の報道により明らかとなった。

現地紙の報道によると、ドイツ当局が押収したのは、パンター戦車の他、高射砲、魚雷などで、パンター戦車に関しては、あまりにも重量があるため、撤去作業には非常な手間がかかっているとしている。

これらの第二次世界大戦中の兵器は、キエフにあるヴィラの地下倉庫から見つかったもので、警察当局は、第二次世界大戦後、行方不明となったナチスドイツの美術品を捜索する過程で、これらの兵器を発見していた。

報道によると、このヴィラのオーナーが第二次世界大戦中のナチスドイツの兵器をコレクションしていることは現地の一部の市関係者の間では知られていたともしている。

ただし、押収されたパンター戦車は新品同様の状況ということもあり、警察当局ではこれらの兵器が実際に第二次世界大戦中のものであるかは確認はされていないとも述べている。

ヴィラのオーナーは現在、これらの兵器には殺傷能力はないとし、警察当局が押収した兵器の返還を求めている。