トランプ政権、元ナチス看守を国外退去「容赦しない」

トランプ米政権は21日、ナチスの強制収容所で看守として働いていた、ニューヨークに住むジャキーブ・パリー氏(95)を国外退去処分にしたと発表した。

ドイツが受け入れることで合意したという。

ホワイトハウスの発表によると、パリー氏は1943年、当時ドイツに占領されていた現在のポーランド・トラブニキ収容所で看守を務めた。この収容所では約6千人が殺害されたとされる。

パリー氏は49年に渡米し、57年に米国市民となったが、ナチスの元看守だった経歴は隠していた。2001年、過去の経歴を政府に認め、03年に市民権が取り消され、04年には司法が国外退去を命じていた。AP通信によると、パリー氏は同日ドイツに移送され、高齢者養護施設に入るという。

トランプ政権は声明で、不法移民の取り締まりで批判を受けている移民税関捜査局が国外退去を執行したと強調。過去の政権は先送りしたが、「ホロコーストの生存者とその家族のための自由という約束を守るため」に処分したと説明。

その上で「米国は、ナチスの犯罪や他の人権侵害を助長した者を容赦することはない。(今回の国外退去処分は)そうした者は米本土に安住の地を見いだすことはないという強いメッセージだ」と訴えた。

コメントを残す

*