アウシュビッツのユダヤ人虐殺への関与認める、元ナチス親衛隊の93歳

第2次大戦中にアウシュビッツ強制収容所で約30万人のユダヤ人虐殺に関わったとして、殺人幇助(ほうじょ)罪に問われた元ナチス武装親衛隊所属のオスカー・グレーニング被告(93)の裁判が21日、ドイツ北部リューネブルクの地方裁判所で始まり、被告は起訴事実を認めた。ドイツのメディアが伝えた。

 グレーニング被告は、弁護士に支えられながら入廷し「道義的な責任があるのは間違いない。お許しください」と述べた。当時、ユダヤ人がガス室に送られ、殺害されていることを認識していたことも認めた。

 検察側によると、被告は1944年5~7月にハンガリーからユダヤ人収容者が到着した際に、荷物を処分して現金を抜き取り、親衛隊幹部に送るなどした。検察側は、こうした行為が組織的な虐殺の幇助罪に当たると判断した。

 ドイツでは殺人罪の時効がなく、今もナチス犯罪の捜査が続いている。

スポンサードリンク