アウシュヴィッツ関連の用語解説

ここではアウシュヴィッツに関連した用語の解説をしています。改めて用語を理解することによってより深くアウシュヴィッツの真実を理解できるようになります。代表的な用語を解説しましたので参考にしてください。

目次

■強制収容所と絶滅収容所

■ナチス党

■第三帝国

■ユダヤ人

■ダビデの星

■ゲットー

■強制連行

■人体実験

 

 

■強制収容所と絶滅収容所

2000659836

ナチスは、ユダヤ人やロマ(放浪者とも呼ばれる、参考Wikipedia)、シンティ(ロマと同根のロマニ系の集団、参考Wikipedia)たちをつぎつぎとつかまえ、強制収容所へ送り込んだ。その送り込まれた収容所のまわりにはドイツの大きな工場が建ちならび、囚人となったひとびとはそこで、ドイツの戦争のために、大変きびしい仕事をさせられた。もちろんどんなに働いてもお金はもらえなかったし、いつ出られるかも知らせられなかった。もちろん疲れて休んだりすれば、それだけで殺されることもあった。

 

■ナチス党

552036

国民社会主義ドイツ労働党というドイツ語の頭文字をとってナチス、またはナチと呼んだ。そして1919年ミュンヒェンで結成されたドイツ労働者党に入ったヒトラーは、強烈で熱狂的な演説でたちまち党のリーダーになりました。さらに翌年国民社会主義ドイツ労働者党と党の名前がかわると、すぐに党首に選ばれました。ナチスの考えは強いドイツをつくるというもの。そこでドイツで巻き起こった「ドイツ人は世界でもっともすぐれた人種である」といった「人種論」や、北欧の神話や伝説に語られた、「国民が乱れ、人々が苦しむとき、英雄があらわれる」という「英雄願望」がまざりあっていた。こうした中でドイツ以外の民族に向けた、強い差別の意識がカタチ作られていった。

 

■第三帝国

2036

ナチスは、ナチス・ドイツを、神聖ローマ帝国、ドイツ連邦という二つの帝国につづく、ドイツの歴史の中で3番目の帝国にあたると考えた。そこで自分たちの国を「第三帝国」と呼んだ。そこには「大きな戦いの後、第3番目の王国が世界を一つにまとめる」というような古い神話にもとづくものだった。さらに「世界を支配するために選ばれた特別な国」という意味も込められていた。

 

■ユダヤ人

200036

ユダヤ教を信じる人々であり、古代イスラエル王国のひとびとの子孫。ヨーロッパには2000年くらい前から暮らしている。神に対する考えがキリスト教徒とちがうため、ヨーロッパのキリスト教からはきらわれ、いやがらせを受けることが多かったとされています。

 

■ダビデの星

0659836

ダビデは古代イスラエルの王で、星は王国の紋章です。ダビデの星はもともと、ドイツに暮らすユダヤ人たちが「差別に負けず、ユダヤ人であることをほこりにしよう」として自分の服の胸につけはじめたものだった。1939年以後、ナチスは支配する国々のすべてのユダヤ人に対し「ダビデの星」をつけることを命じた。そしてしたがわない人びとを処刑した。ユダヤ人としての誇りをあらわす「ダビデの星」は、ナチスの支配の中で、逆に民族差別と大量虐殺のシンボルへと変えられていった。

 

■ゲットー

0836

かつてのヨーロッパはユダヤ人をきらい、町のいちばんせまくて不便な場所に、まとめて閉じ込めることになった。こうした場所はゲットーとよばれ、300年くらい前までヨーロッパ各地にあった。ナチスはゲットーをよみがいらせ、ユダヤ人たちを閉じ込めたが、それはたがいのいやがらせではなく、ユダヤ人たちを絶滅するための作戦のひとつだった。ポーランドのワルシャワ・ゲットーのユダヤ人は食べ物や着るものまでうばわれ、毎日3,000にんくらいの死者を出した時もある。こうしたゲットーから多くのユダヤ人が絶滅収容所へと連れていかれた。

 

■強制連行

1799684

ナチスは、大量のひとびとを一度につかまえて強制収容所へ送るために「強制移住玲」という命令を使った。雨風の強い日や真夜中に町や村をドイツ兵や警官隊が襲いこう告げる「おまえたちはこれから汽車にのって、東のほうへ移ることになった」と言い、20分以内に家を出て広場に集まるように命じた。そして時間をすぎても家から出てこない者は、その場で射殺された。また持ち出せる荷物は家族で25キログラム以内とされ、家に残された家具や洋服はそのまま壊されるか奪われた。さらに人々の混乱をさけるため、ニセの切符をわたされ強制連行されることもあるが、多くの場合銃でおどされながらトラックに詰め込まれ、駅からは家畜用貨車で強制収容所に運ばれていった。なにより命令にそむいたり逃げようとすればその場で射殺される。

 

■人体実験

684

ナチスは収容所の囚人を実験台にして、さまざまな医学実験を行った。アウシュヴィッツでは子供を産めないようにしたり、肌や瞳の色を変える実験がくりかえされていた。これらは劣った民族を絶滅したり、優れたドイツ人を人工的につくるための実験で、名高い医師や博士たちが進んでかかわっていました。もちろん実験のほとんどはナチスのゆがんだ人種論にもとづくもので、およそ医学に値しないものであり、人道的にそむくものだった。とうぜん実験台にされた囚人はほとんどが死んだ。