ニュース記事

アウシュビッツが展示刷新

H27.3.7アウシュヴィッツの展示を今後刷新するというニュースが出ました。

第2次大戦中にユダヤ人ら100万人以上がナチス・ドイツに殺害されたアウシュビッツ強制収容所跡のアウシュビッツ・ビルケナウ博物館(ポーランド南部オシフィエンチム)は6日、約1億ズロチ(約30億円)を投じて展示内容を刷新すると明らかにした。ポーランド通信が伝えた。

続きを読む

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」

H27.年3月2日 中谷さんに関するニュースが出ました。

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」

今年、日本は戦後70年を迎える。ヨーロッパでも、第二次世界大戦中にナチス・ドイ ツ軍によって約130万人ものユダヤ人をはじめとする人々が殺害されたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の解放から1月27日、 70年が経過した。

70年について、強制収容所の跡地で虐殺(ホロコースト)の歴史を伝えているアウ シュヴィッツ博物館のピオトル・ツィヴィンスキ館長は、「今年のメモリアルイヤーは、今までの記念年とは全く異なる意味を持つ」と語った。

続きを読む

アウシュヴィッツ強制収容所からの帰還者

展示会「プリーモ・レーヴィの世界」が、イタリア、トリノのマダマ宮殿で、4月6日まで、開催されています。
イタリアで、最も有名な、アウシュヴィッツ強制収容所からの帰還者、プリーモ・レーヴィが、ナチスに捕まったのは、24歳の時。若い科学者であった彼は、アウシュヴィッツ強制収容所では、科学者であったことから、他の囚人とは別に、研究室で、働かされました。

続きを読む