ニュース記事

ナチス略奪絵画”は美術館に シャガールの未発表作など ドイツ人男性の遺品

ドイツ南部ミュンヘンで6日死去したコーネリウス・グルリット氏(81)が所有していた絵画が、スイスのベルン美術館に寄贈されることになった。美術館が7日発表した。グルリット氏はシャガールの未発表作やピカソ、マチスなどの作品を大量に所有。ナチスによる略奪品の可能性があるものが約590点あり、行き先が注目されていた。

続きを読む

ナチス占領の賠償「36兆円」? ギリシャが推計 独「解決した話」と拒否

ギリシャの財務省幹部は7日までに、ナチス・ドイツによる第2次世界大戦中の占領でギリシャが受けた損害に対する賠償額が約2787億ユーロ(約36兆円)に上るとの推計を議会で明らかにした。

 ギリシャのチプラス政権は、占領時の被害賠償やナチスが強要した融資返済などをドイツ政府が支払うべきだとの見解を示し、賠償について議論する両国の専門家会議設置を提案。ドイツ側は「賠償問題は法的にも政治的にも解決した話だ」として拒否している。

続きを読む

アウシュビッツのユダヤ人虐殺への関与認める、元ナチス親衛隊の93歳

第2次大戦中にアウシュビッツ強制収容所で約30万人のユダヤ人虐殺に関わったとして、殺人幇助(ほうじょ)罪に問われた元ナチス武装親衛隊所属のオスカー・グレーニング被告(93)の裁判が21日、ドイツ北部リューネブルクの地方裁判所で始まり、被告は起訴事実を認めた。ドイツのメディアが伝えた。

続きを読む

アウシュビッツが展示刷新

H27.3.7アウシュヴィッツの展示を今後刷新するというニュースが出ました。

第2次大戦中にユダヤ人ら100万人以上がナチス・ドイツに殺害されたアウシュビッツ強制収容所跡のアウシュビッツ・ビルケナウ博物館(ポーランド南部オシフィエンチム)は6日、約1億ズロチ(約30億円)を投じて展示内容を刷新すると明らかにした。ポーランド通信が伝えた。

続きを読む

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」

H27.年3月2日 中谷さんに関するニュースが出ました。

アウシュヴィッツ博物館初の外国人ガイド・中谷剛さん「タブーに立ち向かうのは戦争を経験していない世代」

今年、日本は戦後70年を迎える。ヨーロッパでも、第二次世界大戦中にナチス・ドイ ツ軍によって約130万人ものユダヤ人をはじめとする人々が殺害されたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の解放から1月27日、 70年が経過した。

70年について、強制収容所の跡地で虐殺(ホロコースト)の歴史を伝えているアウ シュヴィッツ博物館のピオトル・ツィヴィンスキ館長は、「今年のメモリアルイヤーは、今までの記念年とは全く異なる意味を持つ」と語った。

続きを読む