アウシュヴィッツ見学ガイド

アウシュヴィッツ=ビルケナウとは

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

ドイツが第二次世界大戦中に、国家をあげて進めた人種差別的な抑圧政策により、もっとも悲惨な惨劇が生まれたとする強制収容所のことです。(1940年~1945年)1979年に世界遺産リストに登録されている。また公式ではないが、日本では「負の遺産」とも言われている。アウシュヴィッツは地理的にヨーロッパの中心に位置し、鉄道の便が良いこと・炭坑や石炭の採れる産地が近いことやもともとは軍馬の調教施設でもあり広大な敷地でもあったため、収容所として適していたためここに設置されたとされています。

 

続きを読む

アウシュヴィッツ アクセス

アウシュビッツ強制収容所アクセス

アクセス方法

ここでは、もっとも基本的な行き方である、クラクフから路線バスに乗って現地に向かう方法を案内します。因みにクラクフまでは、それぞれ自分の計画されている場所からのアクセスになりますの、ご自分でご確認ください。ただもっともクラクフへ行くのに便利な都市としてはベルリンからが行きやすいと言われます。

続きを読む

アウシュヴィッツ 見学動画

*見学動画8本ご覧いただけます。途中画像が乱れたり、お聞きぐるしいところがございますがご了承ください。

他のページでは写真での説明ばかりでしたが、ここでは動画によるアウシュヴィッツ公認中谷さんの解説も入った内容となります。写真とは違い中谷さんの解説の様子や見学者たちの動き、また他の国からきている人たちとのすれ違いなどもあって現地の様子がよくわかります。全体として約4時間分を記録しました。途中つまらないところあは飛ばしていただき、ぜひ最後までご覧ください。リアリティいのある映像となっております。

続きを読む

アウシュヴィッツ 第二収容所ビルケナウ 写真

アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウの見学写真の紹介です。施設内の様子を数多くご紹介しています。シンドラーのリストやその他ホロコースト関連の映画などでもよく出てくる、機関車が煙を吐きながら収容所へ入っていくシーンに出てくる茶色の門があるところです。当時のそのままの状態で残っていますので、ここを強制的に連れてこられたユダヤ人たちがすし詰め状態の貨車で運ばれてきたと思うと言葉がなく、何とも言えない思いがしました。門の天井には煙も残っていて当時の蒸気機関車が何度もここに来たことがはっきりとわかります。そして収容所内に伸びている線路は、映画などで見ているそのままの雰囲気がありました。まさにこの両脇に強制的につ入れてこられたユダヤ人たちが降ろされて、あるものはそのままガス室へ、そしてまたあるものは収容所内へと指示された光景が出てきます。そんな過去にあった出来事を認識しながら、この後ビルケナウの写真を解説していきます。ゆっくりとスクロールしながら、じっくりと解説付き写真をご覧ください。

続きを読む

アウシュヴィッツ第一収容所 写真

アウシュヴィッツ第一強制収容所見学写真の紹介記事です。施設内の様子をリアルに解説付きで詳しく見ることができます。これまで写真や報道などで観ることがありましたが、行かなくてはわからないことがたくさんありました。むしろあえて行ってみることで、改めて戦争の恐ろしさや人間が人間を苦しめるその脅威を確認することができました。決して遠い世界のことではなく、実際に身近で起きた出来事であることがわかりました。できる限りの解説付きで、なるべく順番を追って観ていただけるように並べました。またこのサイトでは、この次に第二収容所ビルケナウの見学写真や第一第二収容所の見学動画も用意しています。さらにそちらもぜひご覧になっていただきますように。ではこのままスクロールしていただき、アウシュヴィッツ第一強制収容所見学写真をご覧ください。

続きを読む