リトアニア、千畝を学ぶ 「命のビザ」学校教育に導入

リトアニアでついに2015年からひとりの日本人外交官を取り上げた授業が始まった。その人こそあの第二次世界大戦中にナチスの迫害を逃れるために、ユダヤ人に「命のビザ」を発給した杉原千畝だ。

授業としては日本の中学・高校に当たる学年で行われる。詳しい内容は、朝日新聞のネットニュースを保存しましたので続きをご覧ください。

バルト海を望むトアニアで2015年、ひとりの日本人外交官を取り上げた授業が始まった。第2次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害から救うため、訓令違反を覚悟でユダヤ人に「命のビザ」を発給した杉原千畝(ちうね、1900~86)。その功績を伝える取り組みだ

■功績題材に美術やダンス

首都ビリニュス。日本の中学・高校にあたるウジュピス・ギムナジウムの美術の授業で、11年生のアウシュラ・マスケリューナイナさん(17)は、手のひらほどの大きさのビザから植物の葉が生えた作品「命のビザ」を仕上げた。ビザでつなぐことができたユダヤ人の命を表現。「千畝は大勢のユダヤ人を救い、尊敬できる人物です」と話す。

教育プログラム「杉原千畝って誰?」の一つ。ソ連やドイツに占領された歴史を研究するため同国で1998年に発足した委員会が企画した。歴史の新たな見方を学んでもらおうと、ナチスによるユダヤ人の大量虐殺など毎年10~15のプログラムを展開している。

ロナルダス・ラチンスカス委員長(47)は「危機的な状況にあっても、良心に従って人を救った千畝を知ることで、若い世代の公共心を育みたい」と話す。

同校は、千畝のプログラムに参加する国内12校のうちの1校。9年生から12年生までの約600人が歴史の授業で千畝について学んでから、美術や音楽、技術、ダンスなどの選択科目でさらに千畝をモチーフにした作品を制作する。ビルギニヤ・ナビツキエネ校長は「生徒たちには命の大切さを知り、平和が最大の幸福であることを知ってほしい」と期待する。

231 002231 2231 0022231 23331 00222231

スポンサードリンク