アウシュヴィッツ収容・・最後の生存者

フランス公共放送の地方局フランス3のHPから・・最後の生存者

16歳の時に収容されたイジュルさん。アウシュヴィッツの悲惨さを語り続け、2月7日にお亡くなりになりました。そのイジュルさんの詳しい内容は以下のとうりです。

 

アウシュヴィッツに収容された、バス=ノルマンディー地域圏、オルヌ県において最後の生存者、シモン・イジェルさんが、2月7日に亡くなりました。享年88歳。イジェルさんは、1943年、第二次大戦中、16歳の折、家族と共に捕らえられ、収容されました。彼は、若い世代に、アウシュヴィッツの悲惨さを語り続け、定期的に生徒とともに、アウシュヴィッツに赴きました。

 

 

2365

 

詳しいサイトはこちら↓

http://france3-regions.francetvinfo.fr/basse-normandie/2015/02/08/simon-igel-ancien-deporte-auschwitz-est-mort-hier-caen-651125.html

 

 

スポンサードリンク