ナチスの「ミス」によって奇跡的にホロコーストを生き延びた1人の女性

ナチスの「ミス」によって奇跡的にホロコーストを生き延びた一人の女性のニュースが出ました。9の代りに5が明記されていた為、奇跡的に生き延びることができた詳しいサイトはこちらです。

http://newclassic.jp/19420

 

わずか14歳でアウシュヴィッツに

リエブロヴァ氏は、当時わずか14歳で収容所に連れてこられました。アウシュヴィッツに連れてこられた直後、彼女の親戚たちはガス室で殺されたが、リエブロヴァ氏もまた死を覚悟したそうです。まさしく死のキャンプであり、少なくとも100万人以上もの人々が亡くなっている。

 

1つのミスが生み出した奇跡

これは偶然によって引き起こされた出来事だった。ナチスは、強制収容場の中から16~40歳の労働者を選び出し、工場での労働を命じていた。リエブロヴァ氏は当時15歳であったが、彼女の生まれ年が1929年ではなく、誤って1925年と書かれたことで、その名がリストに掲載されたのだ。

 

9の代わりに5と記されたリスト

誰かが9を5と書いたことで、命が救われたまさに奇跡の話が世界中で話題になっています。その詳しいサイトが以下のとうりです。

http://newclassic.jp/19420

 

179

ビルケナウにある、ガス室の跡。これは開放直前ソ連軍が迫る中、ナチスが証拠隠滅のため爆破したのがこの写真です。

 

 

スポンサードリンク